トップイメージ

海水魚とは?

海水魚とは海で生活する魚類の総称で、現生魚類のおよそ56%、約1万5,800種が含まれる。

最初期の魚類(無顎類の仲間[2])は海で進化を遂げ、その後の進化の歴史において海水から淡水へ、淡水から海水への進出と適応が何度も繰り返されてきた。

現代では海水魚は寒帯から熱帯、沿岸から外洋、表層から深海に至るまで、ほとんどのすべての海域に分布を広げるとともに、漁業資源として世界中で利用される重要な存在となっている。

浸透圧の高い海水中で生きる海水魚は、常に脱水の危機にさらされている。最も原始的な脊椎動物であるヌタウナギ類は、体液の一価イオンを海水と同レベルに順応させ、サメ・エイに代表される軟骨魚類は尿素などの窒素代謝物を体に蓄積し、浸透圧を上昇させることで海水への適応を果たした。

そして遅れて出現した条鰭綱のグループは、多量の海水を飲むことで失われる水分を補い、過剰な塩分は塩類細胞と呼ばれる特殊なイオン輸送細胞を通じて排出する機構を発達させ、現代の海洋で最も繁栄する魚類となっている。
(wikipediaより引用・抜粋)

最新情報

おすすめリンク

ベース初心者のDVD ベース初心者向けの教則DVD
耳鳴り治療方法 耳鳴りの原因と治療法を解説
中国語の発音・会話入門 中国語の初心者から会話と発音が上達
職場の人間関係 職場のコミュニケーション力の向上
相続の手続き方法 相続や遺言の手続きを詳しく解説

 

Copyright (C) okagedou.com/aqua/ All Rights Reserved.